あがり症でも大丈夫!自己紹介はこれで乗り切れるコツお話しします

あがり症
マミリン
マミリン

こんにちは マミリンです。

今回は「相手の印象に残る自己紹介のコツ」について、お話しします。

いろいろな場面で、最初に求められるのが「自己紹介」です。

あがり症の人にとって、自己紹介は、初めて会う人の前で話すという
かなり難易度の高いもののように感じられてしまいます。

でも、コツをおさえた自己紹介を行えれば、
自信を持って、相手に良い印象として残る話しが出来るようになる
のです。

そんな自己紹介のコツをまとめてみました。

どうぞ最後まで読んで、参考にしてみてください。

あがり症でも大丈夫!自己紹介に必要なコツはこの3つだけ

自己紹介をする時に必要なコツは、この3つだけです。

★ 話題はこの5つから作ればよい
★ 1分間でちょうといい
★ 笑顔でいこう!

マミリン
マミリン

たった3つ!!
本当にこの3つで大丈夫なんです!

いずれも簡単で、誰にでも出来る「自己紹介攻略法」です。

では一つずつ解説していきますね。

話題はこの5つから作ればよい

自己紹介に必要な「話題」の基本はこの5つです。

★ 名前・・・まず、相手に自分の名前を覚えてもらえるように、
       はっきりと伝えましょう。
       珍しい漢字や読み方の名前だったら、そのエピソードを一言
       添えたり「○○さんと同じ字を使っています」など、
       印象に残りやすい言葉を付け加えると良いでしょう。

《例》 山元百合子と言います。山のふもとに咲くユリのような子、
    と書きますが、名前負けとも言われます。

★ 出身・・・出身地や、現在住んでいる所などです。
       出身地の名産品や有名人を出しても良いですね。

《例》 出身は三重県、実家の周りはミカン畑が広がっています。

★ 経歴・・・出身校や前職など、これまでの経歴を簡単に伝えます。
       これから入る新しい環境に関連したものがあれば、
       積極的に伝えると共感を持ってもらいやすくなります。

《例》 学生時代に文化施設で案内係をしていましたので、接客の経験も
    あります。お客様に喜んで頂けた時にやりがいを感じていました。

★ 趣味・・・自分のことを伝えるのに、実はかなり強力な項目になります。
       はまっていることや、興味のあることなどを伝えてみて
       ください。それに伴うエピソードなども有効です。

《例》 最近はマスク作りにはまっています。決して器用ではないので、
    出来栄えは・・・なのですが、没頭できるところが楽しいです。

★ 意気込み・これから参加する新しい環境に対する決意や意気込み、
       抱負などを一言でも伝えてみましょう。

《例》 今までの経験や知識も活かしつつ、さらに新しいことも吸収し
    チャレンジしていきたいと思っています。
    どうぞよろしくお願い致します。

これらの話題は、すべてを使う必要はありません。
自己紹介をする場や環境によって、また、相手が何を求めているかによっても
入れる話題は変わってきます。

基本の内容は持ちつつも、
場や環境に合わせて臨機応変に内容を変えて話せるようすると良いですね。

また、多少のユーモアを織り込んでみることも効果的です。

場も和みますし、
聞いてくれている人達がフッと笑顔になってくれたら
自分も緊張が少しでも楽になる、という裏効果もありますよね。

押しつけにならない程度に・・・が大事ではありますが、
ユーモアはスパイスとして有効的に使ってみましょう。

了解!です。

以上、話題について、その選び方をお伝えしました。

ここで一つ、NGワードもお伝えしますね。これだけはナシ!というワードです。

それは「何もない」「何もありません」です。

例えば、名前について、「何の特徴もありません」
住んでいる所については、「周りには特に何もありません」
経歴について、「特別なことはしてきませんでした」など・・・

これでは、相手はあなたという人がどんな人なのか、
全く分からないことになってしまいます。

たとえ自分にとっては普通の何でもないことでも、
相手にとっては珍しい特別なことかもしれません。

自己紹介は自分のことを伝える場です。
もし「自分には伝えるようなことが何もない」と思っても、
自分の事を一旦客観的になって見渡してみると、意外にいろいろ出てくるものですよ。

ちょっと勇気を持って、自分を掘り下げてみるのも良いでしょう。

1分間でちょうどいい

自己紹介は、特別な場合を除き、1分間程度の長さで行うようにします。

会社や職場、また就職面接などでも、一人の人に対しあまり長い時間は取れません。

また、これ以上長い自己紹介だと、
どこにポイントがあったのかが分かりにくくなってしまい、
印象が薄くなってしまうのです。

1分間の話しとは、約350文程度、つまり原稿用に1枚弱ですね。

このくらいの長さで、スッキリ要点だけをまとめて話すことを心掛けてみてください。

そうすると、あなたという人の印象がしっかり相手に伝わり、
自己紹介をする意味も生きてくるのです。

笑顔でいこう!

自己紹介に限らず、人前で話をする時にとても大切なのは、
笑顔で話すことです。

笑顔はその人の印象をほぼ100%、良いものにする、最強の方法です。

初めて会う人達の前で・・・緊張する

どんな人達がいるのか、分からない・・・不安だ

自己紹介の時って、こんな気持ちですよね。

初めての場所や環境で緊張してしまうのは分かりますが、
でも、先ずは笑顔、これを忘れないでください。

なぜならば、人に対しての第一印象は、
会って6秒で決まってしまう、
というデータ(メラビアンの法則)があるのです。

そして、更にそこで決まった印象はなかなか変わることがなく、
相手の中に残り続けてしまいます。

もし、その印象を変えたいと望んでも、
直ぐには難しく困難である、とも言われています。

マミリン
マミリン

第一印象って、
思った以上にかなり重要
なんですね・・・

この第一印象を決める情報は、見た目からの視覚情報が55%、
声などの聴覚からの情報が38%、
と言われています。

つまり、たった6秒の見た目だけで、
その人の印象の半分以上が決まってしまうわけです。

それって結構キビシイ・・・

でも、見た目の大切さ、つまり笑顔の重要性はこれで理解できると思います。

何はなくてもまず笑顔!!とは言い過ぎですが、
緊張していても、まずは笑顔でその場に臨むことを心掛けてみてください。

笑顔は相手に良い印象を与えるだけでなく、自分の緊張も軽減する力もあります。
自己紹介など人前で話をする時は、ただでさえ緊張しているものですが、
笑顔を心掛けるだけで、自分の気持ちの中に余裕が生まれてくるのです。

まずは笑顔でいこう!ですね。

そこで、一つ注意点があります。

ここで言う「笑顔」とは、「満面の笑み」のことではありません。
赤ちゃんの笑った顔のような「満面の笑み」をずっと続けていては、
かえって不信感を与えてしまうことがあります。

この場合の笑顔とは、満面の笑みの20~30%くらい、
明るく微笑むような笑顔がふさわしい笑顔
なのです。

こうして、自己紹介で相手に良い印象を持ってもらえれば、大成功です。

ぜひ、あなたの良さが伝わるような自己紹介をしてみてください。

あがり症でも大丈夫!自己紹介3パターンの例文

実際に自己紹介に使える例文を、3つの場面に沿って紹介します。

1つめは「一般的な自己紹介」の場面です。
入社初日やイベント運営初日、サークルやPTA、
趣味の集まり初日などがそれに当たります。

2つめは「就職活動用自己紹介」です。
これは文字通り、就活の面接や先輩訪問などの場面に使います。

3つめは「婚活用自己紹介」です。
合コンを始め、お見合いパーティーや町コンなどでも使えます。

一般的な自己紹介

「あまり絞らず、広く浅く、自分の人となりをわかってもらえればOK 」です。

前項の「話題5つ」が基本となり、この組合せで話を組み立てていきます。

【 新しい職場での自己紹介例 】

こんにちは。鈴木花子と申します。
「鈴木」も「花子」も、日本人にとってはかなり馴染みのある名前のひとつだと思うのですが、意外にもこの組合せの本名って少ないんです。お馴染み過ぎるのも盲点かもしれないな・・と思っています。

出身も住まいも神奈川県横浜市です。家からは遠くに小さくですが、横浜ベイブリッチが見えます。

私は美味しいものを食べる事が大好きですので、これまでレストランやカフェなどでの接客のバイトを数軒してきました。
そこでシェフ達の仕事を身近に見ているうちに、美味しいものを食べるだけでは飽き足らず、自分でも作ってみるようになりました。今ではレパートリーもかなり増えてきています。

ここでの仕事は全く新しい分野の物ですが、これまでの接客の経験も活かしながら、新しいことにもチャレンジしていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

【 PTA年度初めの役員会での自己紹介 】

はじめまして。今年度、広報の役員を担当致します○○○○と申します。
5年生に息子が一人、2年生に娘がお世話になっております。

地区は○○団地3丁目で、子ども達は生まれた時から団地の皆様にお世話になっていました。団地の公園ではしょっちゅう2人で走り回っている姿が「トム&ジェリー」みたいだと言われるほど、お転婆な子供たちです。

以前、仕事でフリーペーパーやイベント広報誌の編集などを担当していたので、今年度の広報の担当でも、その経験が少しでもお役にたてたらと思い、お引き受けした次第です。

PTAの活動には不慣れな部分もあるのですが、皆さんと協力しながら楽しく有意義な一年にしていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

就職活動用自己紹介

就活用の自己紹介では、以下の内容を伝えるようにします。

1:挨拶
2:大学・学科/職務経歴
3:大学や学外活動での学び/キャリアでの学び・専門分野
4:ピンポイントPR
5:企業に対して魅力に感じている点

この際に気を付ける事として、過度な自己PRはNGである、という点です。

自己紹介は挨拶と話題のきっかけつくりが目的の機会です。
そのような機会に自分の強みや意欲などのアピールが強すぎると、
面接官からはかえって不評をかってしまうことにもなりかねません。

明るく「感じの良い人」という印象を持ってもらえるよう
まずは第一印象をつくる機会として考えて行うようにしてみてください。

【 新卒採用の面接 】

○○大学心理学部福祉心理学科の○○○○と申します。
本日はお時間をいただき、ありがとうございます。

私は大学で福祉心理学を専攻しており、子どもや高齢者、障害者などを福祉と心理の両面から支援できる専門家としての研究をしてきました。
そしてこの実践として、学外では高齢者のデイサービスと学童保育が同じ建物内で行われている施設でアルバイトをしてきました。

御社の理念である「みんなが生きやすい社会をつくる」という考えが、まさに私の行ってきた研究および実学が生かせるものと確信し、志望致しました。
本日はどうぞよろしくお願い致します。

【 転職の面接 】

○○○○と申します。
本日はお時間を頂戴し、誠にありがとうございます。

私は新卒入社以来10年に渡り、株式会社○○でお客様窓口でご意見やご感想を伺う担当をしてまいりました。頂いたご意見やご感想を関係各所と調整し、お客様へのフィードバックをしたり、またそこから新商品の開発に繋げた経験もありました。

毎日が大変やりがいのある仕事ではあったのですが、更に幅広い視野での業務にあたりたいと考えていたところ、御社の新部門開始のお話しをいただき、転職を決意した次第です。本日はどうぞよろしくお願い致します。

婚活用自己紹介

合コンなど、男女の出会いの場では
「爽やかな良い印象」と「親近感」を持ってもらえるように
自己紹介を考えておきましょう。

「名前・住所・職業・趣味」は必ず盛り込みます。
そして最後に「今日の合コンを楽しみにしていたこと」を伝えると、
話しかけやすい雰囲気も生まれ、好印象につながります。

ここでの注意点は1つ、ネガティブなことは言わない、です。

「最近は仕事が忙しくて、何もしていません。」
「趣味は何もありません。」

これではあなたの事が何も伝わらないし、そこからの話題の展開性もありません。
自己紹介は簡単な挨拶のようなものですから、
その後の話題に繋がるような内容を盛り込むと、良い時間を過ごせるようになります。

【 合コン 】

こんにちは。○○○○と申します。
大学入学以来、横浜に住んでいますが、出身は長野県です。
仕事は電化製品メーカーで美容器具の開発をしています。皆さん、最新の美容器具についてご相談に乗れますので、お声を掛けてくださいね。
趣味はアウトドアで、先日は上高地に行ってきました。今日は、皆さんと話せるのを楽しみにしてきました。よろしくお願いします。

自己紹介の練習と準備はこのポイントで行う

自己紹介の練習には、スマートフォンなどの動画撮影機能を使うと有効です。

鏡を見ながらの練習も良いのですが、
これではあとからの振り返りが出来ません。

その点、動画で撮影してみれば、後から自己採点をする事が出来、
良かったところや足りないところに気が付くことが容易になるのです。

自己採点のポイントは4つ。

★ 明るく生き生きと話しているか
★ 1分で終わっているか
★ 表情はどうか(笑顔OK?)
★ 姿勢良くしているか

これらのポイントを中心に、見てみてください。
自分を客観的に見るのって、結構大事ですよ。

次に、もう一つ準備があります。

それは、質問への回答を用意しておくことです。

特に就職面接などの場合は、
自己紹介で話した内容に対する質問がある場合が多いので、
予め想定問答を予想しておくと、焦らずにすみます。

「自分だったら、こんなことを聞いてみたいな」
「これはアピールポイントにもなるから、話す準備をしておこう」

そんな感じで、いろいろと考えて準備してみてください。

あがり症の症状にはこう対応する

あがり症の人は、人前で話しをする事に対し、とにかく苦手意識が強くあります。

失敗したらどうしよう・・・

そんな気持ちから、極度に緊張してしまい、
赤面や手足の震え、発汗、声の震えなど、
周りからも目に見えて分かってしまう症状が出てしまうのが辛いんですよね。

では、その緊張を少しでも軽減し、
症状の緩和につながるような方法を行ってみましょう。

先ず、自己紹介の前に、
その自己紹介が上手くいっている自分の姿を、目いっぱい想像してみてください。

何故ならば、人間の脳はイメージと感情を結び付けて記憶する習性があるからです。

「失敗してしまった」経験はネガティブなイメージとして、
その時の緊張や不安な感情と共に記憶されてしまいますが、
「上手くいった、成功した」経験はポジティブなイメージとして残るのです。

もう一つ、人間の脳の習性として、実際に経験していなことでも、
イメージとして記憶することが出来るのです。

つまり、実体験ではなく想像でも良いので、ポジティブな良いイメージを持てば
それは記憶として定着するので、同じような場面に遭遇しても
「以前、上手くいったことだから大丈夫」と認識するのです。

これが緊張を解く大事な秘策になります。

それから、深呼吸をします。
息を吸う時間より吐く時間を2倍にして行うと、
副交感神経が優位になりますので、気持が安定します。

こうして緊張を軽減していけば、
自己紹介の場面になっても「きっと上手く」いき、
あがり症の症状も出なくなってくるのです。

あがり症でも大丈夫!自己紹介が上手くいくコツのまとめ

自己紹介は相手とのコミュニケーションの入り口です。

時間的には1分間ほどの短いものではありますが、
その後の付き合いや関係を大きく左右するかもしれない、大切な場面でもあります。

でも、これまでお話してきたようなコツを押さえていけば、
きっと上手くいくし、その後の関係も良いものになっていくはずです。

私は、他の人の自己紹介を聞いていて、「いいな~」と思った内容はこっそりメモり、次回自分が使ってみるようにしていました。

こんなふうに少しの練習や回数は必要かもしれませんが、
それでコツをマスターして、次につながる良い関係を築けるようにと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
少しでもお役にたてれば、本当に嬉しく思います。

あがり症
シェアする
マミリンをフォローする
キツかった「あがり症」が改善できた! マミリンの体験記すべて公開!

コメント

タイトルとURLをコピーしました